白枝の木で囲まれたちいさな村~フランドール湖畔~

先日、イアナロスの野に行ってきたのですが、その場所を教えてくれたのが、フランドール湖畔に滞在中のバレンタイン村長(フローリン村)でした('ω')ノ

2018-07-13_21660341.jpg

観光地と言えばバレンシアなイメージでしたが、カーマスリビアは、カーマスリビア地方すべてが名所ですね。

そこで、今回は、白枝の木で囲まれたちいさな村「フランドール湖畔」を散策してみました。

ここは、カーマスリビアでは珍しいようで、ラッコが多く住む場所のようです。
(わたしの中では、ラッコ族はどこにでもいるやつらなイメージでした)


ラッコたちの住処でしょうか。

苔?草?の屋根がかわいい家 コロンとしたキノコみたいな小さな家がとてもかわいい♪


白枝が特徴的な村のようですが、白い小さな花の飾りもあちこちに見られます。

2018-07-13_20687596.jpg

この村に、このお洒落なランプを作った職人がいるのでしょうか。残念ながら、この村には家具屋さんはいらっしゃらないようです。


白枝の先に咲いたピンク色の花がとてもきれいです。

ピンクの花の木


白枝で作られたまるい形のベンチ

白い木で作られた椅子?

フランドール湖畔を訪れた時に一番印象に残っていたのが、この白くてまるい木のベンチでした。
(よくNPCさんが座っているのを見かけるので、座るものだと思う)


無造作に置かれた果物たち。

無造作に置かれた果物

ここ、フランドール湖畔には、果物商人さんがいらっしゃいます。

2018-07-14_78205902.jpg

サクランボとか、パイナップルとか、めずらしい果物が売ってありました。

果物とは使用先が違うので、ここにパプリカがあったことに驚きましたが、小さなことですね(笑)

リンゴの木は見たことがあるのですが、サクランボとか、ナシの木とかもどこかにあるのかな。


公園とかにありそうな、木で作られた休憩所。

公園とかでよく見かける木で作られた休憩所

このデザインは、カーマスリビアのほかの場所でも見かけたことがあるので、カーマスリビアの代表的なオブジェクトなのかもしれないですね。


夜は、昼間とは違った雰囲気が楽しめます。

2018-07-13_21916315.jpg

夜の風景

この石畳の道がお気に入り。


フランドール湖畔からお届けしました('ω')ノ

2018-07-13_19481593.jpg

ここまで読んでいただきありがとうございます(*´▽`*)



関連記事