わたしが旅した黒い砂漠~レベル60達成記念

ブログを書くようになってまだ日が浅いわたしですが、レベル60を達成できたときに、これまでの黒い砂漠を振り返ろうと思っていました。

2017-11-08_359672237.jpg

今回は、そんなお話です。

黒い砂漠を知ることになったきっかけ・・・

わたしは、「Minecraft」というゲームでずっと遊んでいたのですが、関連するブログや動画を見て感心したり参考にしたりと、このゲームに夢中でした。

最近は、作ってきた町のリメイクをしたりする程度ですが、継続していて、今でも尊敬するマインクラフターさん?のブログや動画は楽しく見させていただいております(*'ω'*)


そこで見つけたのが「MMORPG」の広告でした。(たぶん広告)

無料でおすすめ!とあった「黒い砂漠」を知る機会となり、わたしの黒い砂漠がスタートしました。


わたしが黒い砂漠をはじめた時期は、メディア実装と共に「ツバキ/ブレイダー」が新クラスとして加わった時でした。

2017-11-09_440539750.jpg

いろいろな職業の紹介動画なども見てみた中で、新クラスのツバキが一番戦闘が華やかだったので、ツバキさんではじめて見ることにしたのですが、そのままツバキさんがメインキャラとして定着したようです。


では、各地を愛馬のミルクティーさんと訪れながら、これまでの黒い砂漠を振り返ってみようと思います。

2017-11-08_363540088.jpg

黒い砂漠のようなゲームははじめてでしたので、見える景色にとても感動しました。

MMOがなんのことなのかよくわかっていませんが、RPGといえば勇者を戦闘に一列に並んで歩くイメージだったわたしには、大変な衝撃・・・。


動いているのは、キャラクターなのにまるで自分がそこにいるかのようでした。

2017-11-09_443369594.jpg

そして自分と同じように動いているキャラクターたちは、わたしと同じようにひとりひとりプレイヤーさんがいるというのも、慣れない環境でしたね。


右も左もわからないわたしにとって、頼りになるのは今もくっついている「闇の精霊」ただ一人。

2017-11-08_365377929.jpg

精霊さんの言葉を信じてべリアにたどり着くと、少し変化がありました。

NPCという砂漠世界に住む住人たちの存在を、わたしが気にするようになりはじめた頃です。


この頃から、「あいつのことなんか無視してこっちをやろうぜ」的な発言をする謎の黒い塊に対し、不信感を抱いていました。

2017-11-09_440177908.jpg

はじめて自分の住居をもったのも、べリアでした。

地下に暖炉がある、大きな家でしたね(*'ω'*)


メインクエストも進めつつ、周辺クエストも受けていましたのでなかなか次の場所に進まなかったように思います。

終わらせたはずのクエストが次の日にもまたあったのには驚きました。デイリークエストですね。

2017-11-09_440383889.jpg

撮影の楽しみを覚え、高い山に登っては景色を楽しんでいたらしく、古い画像は山頂のSSが多いです。

クエストで頂いたロバをしばらく乗り回していましたが、そのことに違和感を覚えたのもずいぶん経ってからでした。


ハイデルに到着してからは、プレイヤーさんの多さにびっくり。

2017-11-08_367384224.jpg

それは今も変わりませんね。

新規地域が実装されても、ハイデルを活動拠点にされているプレイヤーさんは多いようです。


ハイデルに到着して、いちばんはじめの自由行動は物件巡りでした('ω')ノ

ハイデルの中だけでも、何度かお引越しをしています。

2017-11-09_424586812.jpg

わたしは、ハイデルの周辺で撮影をするとき決まって「王の森」を訪れます。

特別、素敵な景色があるわけではないのですが、緑が広がっていて近場で撮影しやすいからですね。


生活コンテンツもはじめるようになり、わたしの労働者はクエストで頂いた無邪気なやつらであふれかえっていましたが、このことに関しては長い間、微妙な事に気が付きませんでした。


冒険がカルフェオン方面に移り、戦いも本格的になってきた頃、わたしは一つの問題にぶつかっていました。

2017-11-09_427433565.jpg

レベルを50にするかどうか・・・といった悩みです。


PK」というものをとても恐れていたのですね。

プレイヤーさんのことは認識していても、見ず知らずの方ですし、ゲーム内とはいえ突然攻撃される状態にある、というのはなかなか受け入れることができませんでした。

2017-11-09_428742074.jpg

PK」という言葉を知ったのも、黒い砂漠をはじめてからですが、当初は50にするつもりがなく、クエストだけが進んでいきました。


その後、どのような変化があったのかは覚えていないのですが、止まったままのレベルを見ているとなんだかもったいなく感じるように。
(レベル50への案内が煩わしかったのも否定はしません)

2017-11-09_428620941.jpg

結局、黒い砂漠をはじめてから半年後、レベル50へのクエストを受けることとなりました。

今は、これでよかったなと思っています。


もちろん、49で止めておく選択も平和な黒い砂漠を満喫するのにいいことだと思います。

ただ、わたし個人の考えですが黒い砂漠のいろいろな魅力を思うと、レベルアップを続けていくキャラクターがいることはメリットが大きいように思うのです。

2017-11-09_429552550.jpg

新しい地域が実装されたとき、そこに見合うレベルでなくとも訪れることはできます。
(わたしも観光は大好きです)

ですが、その地域で何が起こっているのか、そこに住む住人たちがどのように生活しているのかを知りたいと思ったとき、「クエスト」が絡んでくるんですよね。

2017-11-09_429783348.jpg

今すぐには、新しい地域のクエストを受けることができなかったとしても、いつかはクエストを通して訪れたいとわたしは思っています。


とはいっても、やはり「PK」にあいますと気持ちの良いものではありませんね。

わたしは、PK反対派でも擁護派でもなければ、PKさんを否定も肯定もしません。

これまでに、狩場で3回PKにあっていますが(たぶん)結構長く続けていてこれだけの回数ですから、ほとんど遭遇しないものなのだと思います。

2017-11-09_438509963.jpg

確かに、少ない時間を使って狩りをしている最中に中断させられますと、効率が悪いとは思うのです。

でも、ch移動してみるとか、または別のキャラで違うことをさせてみるとか、できることは多くありますので、深く考えないのがいいのかなぁと思うようになりました。
(反撃という考えはわたしにはないようです)

それでも、簡単には死んでしまわないくらい、いつかは強くなりたいですね(*'ω'*)

2017-11-09_439005504.jpg

PKについてのお話が長くなりましたが、実はメディア地域のクエストを済ませた後、わたしの黒い砂漠の旅は、しばらく足踏みをしていました。


バレンシア」という地域がとても遠く感じ、なかなか踏み出せなかったのもあるのですが、いざ踏み込んでみるとそこには挫折が待っていました。


バレンシアのメインクエストⅠを進めている途中で、今でも苦手な「ケンタウロス」さんたちとの戦いがあり、これ以上一人で進めていくことが困難に感じたのです。

当時のレベルは、55でした。まだ、ツバキさんの覚醒が来る前のことですね。


闇の精霊さんのあんなに慌てた姿を見たのもはじめてでした(;^ω^)
「お前にはまだ早い!!」と画面を赤くして精霊さんが忠告していました。
(この機能はびっくりするので今は表示しないように設定しています)

2017-11-09_430440448.jpg

それからしばらくして、わたしは黒い砂漠から離れていくことに。

もちろん、様々な理由があったのですが、ゲームに関しては先に進めないことに不満だったり不安だったりしたのもあったかもしれません。


この頃は、あとからはじめたKさんたちが、まだここまで進めていなかったこともあって、わたしは同じことを繰り返すように。

次第に生活コンテンツばかりになり、放置になり、そのうちログインしなくなりました。


離れている間に、実は似たような別のゲームをしたこともありました。

黒い砂漠よりも生活コンテンツが豊富だというもので、Kさんも誘ってはじめてみたのですが・・・。

2017-11-09_430717515.jpg

そこに到達する前にすぐにやめてしまいました。

レベルもちゃんとあげてそのゲームのことをもっと知れば、できることも増えたかもしれないのですが、戦闘のシステムがよくわからず、わたしには向かなかったようです。

あとは、なにをするにも黒い砂漠でいう「行動力」を使うことも馴染めず・・・。


加工のようなことをしても行動力を使い、釣でも使い、それなら戦おうと思ってもドロップを開封するのに行動力を使い・・・。

とにかく行動力不足に悩まされました(-_-;)


決定打になったのは、家を建てたら税金を払い続けなければならなかったことでしょうか・・・。

黒い砂漠の借家システムがとても親切に思えました。

大きな町の建物とか、とても綺麗だったのですけどね(>_<)


Kさんも戦闘が楽しくなかったようですし、せっかく建てた家もそのままに、そのゲームでの旅は幕を下ろしました。


そして離れて気が付く、黒い砂漠の魅力。

2017-11-09_442249329.jpg

離れてから数か月後、ゲームを再開できる環境になり2017年2月、わたしの黒い砂漠の旅が再開しました(^_^)/


戻ってみると、新規/復帰者用のチャンネルがあったり、復帰者用ログインボーナスがあったりと嬉しい環境でしたね。

わたしが離れている間に、ツバキさんの覚醒が来ており、Kさんたちも覚醒していたようなので、わたしの再スタートはツバキさんの覚醒からでした(*'ω'*)

2017-11-09_442505156.jpg

そして、この覚醒したことがわたしの中でとても大きく、とてもゲームが進めやすくなりましたね。

戦闘が楽しくなりました。


復帰してからの方が、黒い砂漠を楽しんでいるように思います(*^_^*)

一緒に進めている人がいるというのも大きいですが。


クエストを進めることで、随分かわいくなった闇の精霊さんですが、もう不信感はなくなりました。

精霊さんが、「こっちの方が楽しいよ!!」と言ってくるのをことごとく無視してきたわたしですが、今では仲良くやっていけてると思います。


ざっくりとですが、わたしの黒い砂漠の振り返り、こんなところでしょうか。


きっと何をしても構わない黒い砂漠なので、プレイヤーさんによって楽しみ方も変わってくるのだと思いますが、わたしはこのゲームのいろいろなものを見たいのだと思います。

景色や建物、物語やNPCさんの生活もですね。


これからも、黒い砂漠を楽しんでいきたいなと思っています。

2017-11-08_359843437.jpg

今回はとてもまじめな内容でしたので、最後まで読まれた方は退屈してしまいましたかね。

お疲れ様でした。


以上が、レベル60達成記念の振り返りでした('ω')ノ

ここまで読んでいただき
ありがとうございます(*´▽`*)


関連記事