バレンシアの豪華な家で天体観測

前からハウジングの準備だけはしていたものの、なかなか形にできずにいたバレンシアの豪華な家ですが、なんとなくまとまりましたのでご紹介します(/ω\)

2017-11-27_393277872.jpg

まだ改善したいと思うところがあり、今後も手を付けていくと思うので、ここは期間限定ではなく、しばらく置いておくことにしました。

※の、つもりでしたが、ほかにいい場所を見つけてお引越ししました('ω')ノ
売却済みです。(2018.1.4追記)

今回は、プラネタリウムのあるハウジングをしよう!と思いまして、天体に関することを学べる施設に挑戦してみました。

ですが、天体関係の家具などは今のところありませんので、ご説明しながらご紹介します(;^ω^)

まずは、外観です。

2017-11-26_387764334.jpg

ここは、バレンシア20-1番地3階です。

建物のすぐ横には、取引所長の「タサイラ・ヒルラ」さんがいらっしゃいます。正面に入口がありますが、ここから入ると左右に階段が伸びていて、その奥が玄関です。


正面の入口を入ったところには、中庭があります。

2017-11-26_388132226.jpg

2017-11-26_388184024.jpg

この場所からも別の住居への入口があるのですが、上に見えているアーチ状の窓が今回ハウジングした場所です。

他の地域ではなかなか見られない豪華な窓ですよね(*'ω'*)


こちらが玄関。

2017-11-26_388351154.jpg

装飾が凝っています。天井まで手の込んだ模様があって、それだけでも楽しめますよ(^_^)/


玄関を入って全体の様子です。

2017-11-26_388421598.jpg

左側に、中庭から見えていたアーチ状の窓があります。ガラスは貼られていないのですが、みえない壁がありますので、窓ということにしておきます。


この中央の空いた空間をどうにかしたいのですが・・・。

せっかく広いスペースなのに、どうしても動線を気にしてしまって、家具を壁際に並べてしまう(;^ω^)


部屋の間取りはこのようになっています。

2017-10-26_134503810.jpg

すごく広く見えますが、右側はよそのお宅で、明るくなっているところがハウジングできる空間です。


テーブル席は、中庭を眺めたり、くつろいだりしていただけます。

2017-11-26_388680835.jpg

照明はあまり置いていないのですが、外からの日差しでとても明るいですね。


ソファもご用意しております。

2017-11-26_388777300.jpg

2017-11-26_389411136.jpg

この席でくつろぎながら、星座好きの仲間と歓談したり、天体についての資料を読んだり。

それぞれの席には、館内のパンフレットを置いています。


入ってすぐ横には、癒し系ペットがいますので気のすむまで愛でてください。

2017-11-26_389481280.jpg

ふくろう座は、88星座には採用されていない星座のようですが、黒い砂漠には、ふくろう座というのがありますね。

だから、ここに置いたというわけではなく、ハイデルに持って帰るのを忘れただけです。


壁側は展示コーナーです。

2017-11-26_389557263.jpg

なにか、星に関連しそうなものはないかと小物を考えていましたが、やっぱりなさそうなので豪華そうなものを置いてみることにしました。

素敵な天体小物をたくさん所有している本商人の「キヤク」さんのところから、盗んできたいくらいでした。(盗めるものなら) 「キヤクさんの自宅紹介」

なにかいい案がありましたら、教えていただけると喜びます(>_<)


棚としても素敵な本棚。

2017-11-26_389922706.jpg

星や星座、宇宙に関する本を取り扱っています。

今回のハウジングでは、”本を1冊ずつ並べること”に夢中になり、半分以上は本の設置に時間を費やしました(;^ω^)


奥にあるのは受付です。

2017-11-26_390710938.jpg

カーテンの奥がプラネタリウムの部屋になっています。

2017-11-26_387434850.jpg

ここで受付をして、注意事項などの説明を受けたあと入場です。
受け付けの人がいませんが、細かいことは気にしない。


カーテンの奥はこのようになっています。

2017-11-26_390846703.jpg

・・・。

どう見ても、中心にある”「アクアリウム」を囲む会”にしか見えませんが、あれは天体を映し出す装置、プラネタリウムですと、言い張ります(`・ω・´)


他の角度からも見てみましょう。

2017-11-26_390958701.jpg

2017-11-26_391094318.jpg

どうでしょう。

そろそろ、プラネタリウムに見えてきた頃でしょうか??


実は、ここをプラネタリウムの部屋にしたいと思った理由が、この部屋の天井にあります。

2017-11-27_468203834.jpg

天窓になっているんですね。

見上げれば、自然の星々を眺めることができる部屋なのです。星が映っていなくて残念ですが、時間帯によっては綺麗な星が見えるかもしれません(*'ω'*)


壁が寂しかったので、「チューリップライト」で星座を表現してみました。

2017-11-26_391452213.jpg

2017-11-27_471793350.jpg 有名な「オリオン座」と「北斗七星」です。北斗七星はおおぐま座の尻尾の部分ですね。

チューリップライトが足りなくて、二つしか星座を作れませんでしたが、また別の星座を配置する予定です。


この部屋は、二つに分かれていて奥は館長の部屋です。

2017-11-27_393449283.jpg

営業時間中は、資料室としても開放しています。

2017-11-27_468727598.jpg

館長こだわりの本があるとかないとか。


ここまでが、プラネタリウムなハウジングのご紹介でした。

難しいですね(;^ω^)


個人的に、天体には憧れがあるのですがインドア派なもので、外に出て天体観測というのもほとんどないのです。そーいえば、プラネタリウムに行けばいいんですよね♪

ハウジングをするまで、思いつきもせず・・・。

小さいころに、社会見学の一環で田舎のプラネタリウムに行ったきりでした。


機会があれば行ってみようと思います(^_^)/


素敵なアクアリウムの中を覗いてみました。

アクアリウム

50パールでございます。


お知らせ・・・。

「小物家具カタログ~手作り編~」を以前ご紹介したのですが、「クッション」がすっかり抜けてしまっていましたので本日追加いたしました(;^ω^)

これまでにも、過去にご紹介した家具関連の記事は、情報を追加したり、修正したりを繰り返していたのですが、今回は抜けてしまっていたのでお知らせすることにしました。

今後も、重大な抜けや間違いに気づきましたらお知らせします。
(個人的に気になる程度の修正はこっそりさせていただいております。)


ここまで読んでいただきありがとうございます(*´▽`*)


・・・追記。

星が出ている時間に、撮影することが出来ました(/・ω・)/

2017-11-28_482224130.jpg



関連記事